2006年03月05日

Gの情報商材評論A

Gの情報商材評論

ブログで稼ぐ人への情報商材を評価します。


「ブログ解体新書」

の評論です。


そもそも情報商材っていうものは、

「○○したらこうなった」しかも「○○することは誰も気づかない(裏技)」

の2つの要素が重要だと思う。


で、この2つを備えるものをノウハウと呼ぶ、とGは思う。


ノウハウは、カンタンに、できるものでなければならない。精神論であってはならない。

「○○するにはこれをせよ、そうしたら○○になる」こういうものでなければならない。

買って読んで試してみて、「なるほど、こんなやり方があったのか」

と思わずひざを打つような感じなものを、購入者は要求する。


ブログアフィリエイトを志すものにとって、実は「ブログ」自体がひとつの壁であった。

ブログを開設したものの、そこでたたずんでいる人が多かったのではないか。


まず、「ブログ解体新書」の無料レポートでその壁をたくさんの人がクリアーした。


そして次にやってくる、もっと重要な問題、

たとえば「100記事書け」「相互リンクを100個張れ」を具体的に達成の道筋をつけた点、さらにメルマガまでの手順を、すべて画像入りで「ブログ解体新書」はやりとげた。誰にでもできるよに・・・・・・・・・。

ここまで詳しく著者の和佐大輔が具体的に、ノウハウを出したことにより、

それまでアフィリエイトの壁に阻まれていた人間がどっとブログアフィリエイトに参入してきた。もちろん筆者は、ブログで稼ぐことはできている。
おれにもできる、私にもできる、と思わせたのが最大の成功要因であろう。


さらに「ブログ解体新書」からE−BOOKのページ数が多くなったと思うのはGだけだろうか。「ブログ解体新書」の無料レポートですら、70〜80ページあったように思う。

このように、「ブログ解体新書」は、無料レポートの質まで変化させたのではないか。(もしかして伝説の無料レポート、3日でできるほったらかしのアフィリエイトブログのつくり方、という田中センさんがはしりかもしれないが、Gは、その頃のことは、わからない)


最近のベストセラーE−BOOKの「小出万吉の情報起業・最強最後の超絶戦略!!DVD&PDF」はなん

と380ページ近くある。

しかも、気づかなかった新鮮なノウハウがいっぱいはいっている。

(これも「ブログ解体新書」におとらずすばらしいノウハウである)



もはや、ブログアフィリの初心者〜中級者が手にした「ブログ解体新書」

はスタンダードと化し、それを超える商材でないと満足しないだろう。

また、まだアフィリエイトの壁の前でたたずんでいる人にとって、最良の

教科書になるであろう。

一家に一冊「ブログ解体新書」


ちょっとわかりにくかったですか(汗)
こっちはわかりやすいかも、ぽちっと、ね。オネガイ
      ↓
ブログランキング ブログ村








posted by ネットで稼ぐ方法研究会 at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 有料情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中途半端に寝ちゃったのでこんな時間にPCの前です・・・
いつも応援ありがとうございます^^
380ページのE−BOOK(>_<)驚き!
それだけ中身は濃いのでしょうけど読むのもなかなか大変ですね。
見習い管理人もまだまだ修行が足りません。。。
また遊びに来ますね^^
<br>
<br>
こちらこそ・・・。この間貴サイトに散歩にいったら、コメント自分に貼り付け作戦やっておられて感動しました。また
散歩の楽しみが増えました。        じい
Posted by 見習い管理人 at 2006年03月05日 05:11
ブログ解体新書はやはりダントツですね。

その他に今売れている商材といえば、
小出万吉の情報起業と「年収1億の石田さんが驚いた!」コレですね。どちらも初心者に優しいところが魅力。
Posted by フリーレポート@じいに続きたい中年おじさん at 2006年03月05日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック